<< ランドマークエデュケーションと岸英光コーチングから☆ | main | ランドマークエデュケーションのコーチングとトランスフォーメーション >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

岸英光コーチングとランドマークエデュケーション 

今日はコミュニケーションの中で最もパワフルなことの一つである「受け取る」ということについて気付いたことを書こうと思います。

岸英光コーチングでもそのセンスを掴みますし、ランドマークエデュケーションでもその源になる会話の区別を提供しています。

「受け取る」

相手の言っていることを、何も足さず、何も引かず相手が言ったそのままを本当に聞いて受け取ること。

私たちは相手が言っていることに余計な解釈を足して聞くことがあります。

きっとこういう意味なのだろう、とか本当はこれがいいたいんだろう。とか。。。

あるいは言っていることの半分も聞いていない場合もあります。

あーこういうことを言いたいんだな、と解ったつもりになった瞬間にもう相手の言うことは半分も聞こえていないと思って間違いないでしょう。

上記のどちらもコミュニケーションの難しさを生み出します。
本当のコミュニケーションが成立しないパターンの多くにあることとも言えます。

本当に聞くとはどういうことなのだろう?
ランドマークエデュケーションではそのことを深く探求する機会と新たな学びがたくさんあります。

私が発見していることは、本当に聞くことの始める練習は、まず相手の言っていることをそのまま聞く、受け取ることができるようになるところから始まると思いました。

何も足さない、何も引かない、そのままを受け取る(聞く)

簡単なようで難しいことです。

そのままを受け取れるようになったらその次の段階のより深い聞くが可能になっていきます。

クライアントの言っていることをまずそのままに聞く、聞く、聞く。

すると、自然と私の口から適切な言葉が生まれてきます。

「聞く」それはものすごいパワーがあります。

聞くことの達人を目指してこれからも出会った人との貴重な時間を大切にして会話していこうと思います。

ランドマークエデュケーションは海外でも多くの支持を受けています。
http://www.youtube.com/landmarkeducation

posted by: communicate | 岸英光コーチング | 19:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:42 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
http://lifecoaching1.jugem.jp/trackback/15